医療保険の選び方

病気などの理由により入院するときに助かるのが民間の医療保険です。

特に長期入院をする大きな病気の場合には、医療保険に加入していることで、入院費用の負担を軽減することが可能となります。

医療保険の定期と終身

民間の医療保険は、大きく定期と終身に分類することができるので、医療保険に加入するときはこのどちらかを選択することになります。

定期は、保険契約した後に一定期間を保障してくれる医療保険なので、この一定期間の間に入院等の事由が生じた場合には保険金の支払いを行ってくれます。

終身は、被保険者の一生涯保障してくれる保険契約なので、一度契約すればそのまま永久に支払いをする保険になります。

このどちらかを選択するのに悩みますが、終身タイプの医療保険は加入段階で月々の保険料が決まるのに対し、定期タイプの場合には、契約更新をする時の年齢により支払う保険料が加算されることがほとんどです。

加入の際は、支払う保険料や保証内容を見たうえで、必ず両者を比較検討するのが大事です。特に女性の場合には男性に比べて平均寿命が長いため加入する時の状況により保険料の金額が異なることも多く、より慎重に決める必要があります。

掛け捨てと積み立て

さらに、保険契約に関しては、積み立てタイプと掛け捨てタイプの保険契約が存在しています。

積み立てタイプの保険契約では、定期タイプの保険契約が多いのですが、一定期間保険金の支払いをしなかった場合には、その定期保険契約の満期日において満期返戻金の支払いを受けることができる保険契約になります。この満期返戻金がある保険契約については、積み立て保険部分と掛け捨て保険部分に分類することができ、この積み立て保険部分について保険契約期間終了後受け取ることができることになります。

掛け捨てタイプの保険契約に関しては、保険契約の満期になっても、満期返戻金の支払いを受け取ることができない保険契約となります。

そのかわりに掛け捨て部分の保険料になるため、満期返戻金のある保険契約に比べて保険料が安い特徴があります。自分自身が加入する時の保険料の負担を考えてどちらか選択することができます。また、これらの医療保険契約については、確定申告をする時の生命保険料控除の対象となる保険契約に該当します。

医療保険が使えない病気に注意

病院で治療を受ける際に便利な医療保険ですが、病院や治療法によっては保険が使えないということを憶えておきましょう。基本的に医療保険というものは、生活に支障のない場合においては保証されません。

真崎医院 – 東京都【ルミナ】

例えば、上記のように「美容整形」に該当する治療の場合は、「キレイになるため」という目的で施術を行う関係上、医療保険をほとんど利用できません。整形に対して、すごくお金が掛かるイメージを持っている人は少なくありませんが、これは保険が利用できないためでもあります。

ただし、美容整形は治療法で費用が大きく変わるので、クリニックによっては安価な価格で施術を承ってるケースもあります。保険を使えない施術を行う際に、費用を抑えたいというケースにおいては、治療法に着目をしてみるのもいいでしょう。先に挙げたクリニックにおいては、眼瞼下垂の治療法一つで数十万円の差があることがわかります。

また、美容整形以外においては、治療法ごとに医療保険が使えるケースと使えないケースもあります。歯医者などはとくに顕著で、銀歯を入れる場合は保険が利いても、保険適応外である金歯を入れる場合には治療費は全額負担になることもしばしばです。