医療保険の選び方

医療保険の定期と終身

病気などの理由により入院するときに助かるのが医療保険です。
特に長期入院をする大きな病気の場合には、日額保証している医療保険に加入していることで毎日の入院費用の負担を軽減することが可能となります。

医療保険で選ぶときに保障期間が存在しています。
この保障期間では定期と終身に分類することができるので、医療保険に加入するときはこのどちらかを選択することになります。

定期は、保険契約した後、一定期間を保障してくれる医療保険なので、この一定期間の間に入院等の事由が生じた場合には保険金の支払いを行ってくれます。
医療保険の終身は、被保険者の一生涯保障してくれる保険契約なので、一度契約すればそのまま永久に支払いをする保険になります。
このどちらかを選択するのに悩みますが、若い年齢で加入するならば安心できる終身タイプの医療保険を選択することになります。

保険契約期間ごとに契約を更新するタイプの場合には、その契約更新をする時の年齢により支払う保険料が加算される場合があるからです。
しかし、若い世代ではない年齢から医療保険に加入するならば、定期タイプを選択することで年齢によっては終身タイプより支払う保険料を安く契約できる場合があります。

そのため必ず終身タイプの支払う保険料が安いという状況では限らないので、必ず両者を比較検討することが必要です。
特に女性の場合には男性に比べて平均寿命が長いため加入する時の状況により保険料の金額が異なることになります。

掛け捨てと積み立て

最近の保険商品については、多くの保険会社から多種多様な保険を提供しています。
そのため医療保険に関しても保険会社によって保障内容が大きく異なることになります。

こちらの保険契約ではガン治療の特約が付いていても生活習慣病の特約が付いていないなど、保険会社によって医療保険の内容が大きく異なることになります。
また、保険契約に関しては、積み立てタイプと掛け捨てタイプの保険契約が存在しています。

積み立てタイプの保険契約では、定期タイプの保険契約が多いのですが、一定期間保険金の支払いをしなかった場合には、その定期保険契約の満期日において満期返戻金の支払いを受けることができる保険契約になります。
この満期返戻金がある保険契約については、積み立て保険部分と掛け捨て保険部分に分類することができ、この積み立て保険部分について保険契約期間終了後受け取ることができることになります。
掛け捨てタイプの保険契約に関しては、保険契約の満期になっても、満期返戻金の支払いを受け取ることができない保険契約となります。

そのかわりに掛け捨て部分の保険料になるため、満期返戻金のある保険契約に比べて保険料が安い特徴があります。
自分自身が加入する時の保険料の負担を考えてどちらか選択することができます。
また、これらの医療保険契約については、確定申告をする時の生命保険料控除の対象となる保険契約に該当します。