高齢者とのコミュニケーション

高齢者の特徴

どのような生き物であっても年齢を重ねることで、心身の機能が衰えてしまいます。
人の場合には個人差がありますが、高齢者に該当する場合には目や耳が悪くなるだけでなく物忘れが多くなります。

また、性格が変わる人もおり体の動きも鈍くなってしまいます。
高齢者の中には、不安や心身の機能の衰えにより喪失感が生じることで孤独になってしまいます。

高齢者の特徴では無口になる人や頑固になる人そして強迫観念に陥る人から性格が変わる人も存在します。
高齢者とコミュニケーションを行うためには、高齢者の特徴を確実に理解することが必要となってきます。

コミニケーションを取るための会話

人と親睦を図るためや仲良くなるためには会話をしなければ、その人との距離を縮めることが難しいです。
高齢者の人たちとコミュニケーションをとるためには、楽しい会話を行うことで高齢者の心を開いてもらうことが必要となります。

高齢者と会話をするためのテーマとして健康な話があります。
自分たちの体について敏感な状態になっています。

体の衰えを感じている人も存在しているので、健康な情報に関して敏感な人たちだといえます。
そのため高齢者とコミュニケーションの第一歩として会話を交わすならば健康についての会話をすることで高齢者の人たちと話が盛り上がることになります。

高齢者の人たちは、会話をする若い人たちよりも年齢を重ねている事はそれだけ自分たちの歴史が長く存在していることになります。
そのため過去の思い出話をすることで、高齢者の人たちにこ楽しかった思い出を思い出させることで高齢者とのコミュニケーションを行うことができます。

高齢者の中には故郷を持っている人たちもいます。
故郷の思い入れを語ることも高齢者にとっては楽しい会話になります。
親しくない間柄であっても出身地は同じと言うことで、相手と仲良くなるチャンスが高くなるため、高齢者の人たちと会話を交わす時も故郷の話を行うことも必要となります。

会話の中で気をつけたいこと

高齢者とコミュニケーションをとるために会話をする場合がありますが注意したいポイントがいくつかあります。

高齢者と会話をするときには、必ず高齢者のペースで会話をすることが必要です。
高齢者は、動作や反応が鈍くなることがあるため高齢者のペースで会話をすることは、基本的な注意点となります。

高齢者と会話をするときには、こちらが聞き手に徹することも必要です。
高齢者の中には話し相手が欲しい人や、会話を楽しみたい人が多いです。
高齢者の人たちは、自分たちが話したい気持ちが強いので、こちらから話すばかりではなく相手の話をしっかり聞いてあげることで相手の心を開くことが可能となります。

こちらが話をするときには、簡潔にわかりやすい言葉を選んで高齢者に伝えることが必要です。
難しい会話や早い喋り方をしては、高齢者は会話についていけないことがあります。
これらの注意をして高齢者とのコミュニケーションを行うことが必要です。

贈り物によるコミュニケーション

高齢者は時期のイベントや礼儀、風習などを重んじる傾向があります。
そして何より贈り物をとても重んじていらっしゃる方も多いと思います。
しかし、お中元やお歳暮、暑中見舞い、寒中見舞い、
などなどそういった一年に何度も贈り物をする機会があると何を送ればいいかわからない時もあります。
若干邪道に感じますが、カタログギフトを送るのも一つの手です。

参考:カタログギフトの通販|大丸松坂屋:
http://www.matsuzakaya.co.jp/catalog_gift/

あとは七五三や結婚祝い、内祝いあたりもしっかりとしたものを贈ってあげるのがよいでしょう。
参考:内祝いのギフト通販|大丸松坂屋:
http://www.matsuzakaya.co.jp/utiiwai/